AGAって何?その原因は?

美容

最近ではテレビCMや様々な広告でAGA治療など「AGA」という言葉を耳にしたことがある人が多いと思いますが、そもそもAGAって何?という疑問にお答えしたいと思います。
また、その原因についても記載していますので、ぜひご閲覧ください。

AGAって何?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という成人男性によく現れる進行性の薄毛のことです。

AGAを抱えた人はとても多く、成人男性の4人に1人はAGA(またはAGA予備軍)といわれています。

AGAになってしまうと、毛が成長する前に抜けてしまい、徐々に髪の毛が薄くなっていきます。
頭頂部や額から徐々に薄くなっていくことが多く、これは抜け毛の原因である男性ホルモンが多く分布しているからです。

AGAは放っておいたらどんどん進行していくため早めの対策を行うことが重要です。

「最近髪の毛が薄くなってきた」「枕に細く短い髪の毛が抜け落ちていることがある」こういう症状を感じた場合はAGAの可能性が高いため注意が必要です。

AGAの原因は?

AGAの原因は「DHT」と呼ばれる悪性の男性ホルモンです。

このDHTが髪の毛が生え変わるサイクルに悪影響を及ぼし薄毛を進行させてしまいます。

髪の毛は、「成長期」→「退行期」→「休止期」というサイクルを繰り返しています。
しかし、DHTが発生するとこのサイクルが乱れ、成長期が極端に短くなってしまい、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。

このDHTが発生する原因は「加齢」「遺伝」「生活習慣」が原因となります。

DHTを抑制するにはAGA専門クリニックで治療薬の処方を受けるか、生活習慣を見直す方法が有効です。

まとめ

AGAはDHTという悪性の男性ホルモンが原因で起きる、進行性の薄毛です。
普段の生活習慣を見直すことで予防はできますが、薄毛が気になる場合は専門のクリニックで治療を受けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました